【横浜市】犬のお友達に会える!犬の散歩コース

ペット
スポンサーリンク

犬の散歩どうしていますか?

我が家ではチワワを1匹飼っていますが、犬を飼ったのは今回が初めてでした。

せっかく家族になれたし、楽しい毎日にしてあげたい!
と犬の飼い方・接し方を日々インターネットで調べては試行錯誤の毎日でした。

色々と足を運んでみた中で、今回は犬の散歩がしやすい場所をご紹介します。

スポンサーリンク

鶴見川河川敷

今回ご紹介しているエリアは、「新鶴見橋」周辺エリアの河川敷です。

河川敷は歩道しかありませんので、安心して犬を散歩させることができますね

早朝から夕方いつでかけても、散歩中のワンちゃんと会うことが比較的多いです。

ワンちゃん同士で挨拶させてあげられるのも嬉しいですね!

道幅も十分な広さで、川沿いは見渡せる限り歩道がありますので、体の大きなワンチャンも気兼ねせず散歩出来ると思います。

また、自転車も通行することが出来るため、長距離の散歩をしたい場合は利用してもいいと思います。

ただ、河川敷沿いは土手になっているため、道路に出られる場所は限られています。

始めて河川敷で自転車を利用した場合は、時間に余裕がある時をオススメします。

犬の散歩に限らず、ランニングやウォーキングをしている人も時間を問わず多いので、人懐っこいワンちゃんなら「可愛いですね」と声をかけてももらったり、撫でてもらえることもあるかもしれまん。

写真を見ての通り、開放感もあるので人間もワンちゃんも気持ちよく散歩出来るエリアです。

矢向一丁目公園

鶴見川河川敷から公園に入ることが出来る入り口があります。

河川敷の散歩の行き・帰りにちょっと寄ることも出来ますよ!

ここの公園は、あまり混んでいないことが多いようなので
「ワンチャンと一緒にゆっくりしたいな。」
という時の利用にもいいと思います。

人間の方は散歩して疲れたら、公園のベンチに座って、ワンチャンと一緒に少し休憩するのもいいかもしれませんね!

公園の中は砂地と土の土地があります。

何度か公園に行ってみたのですが、砂地エリアは小学校高学年以降の子供とパパがキャッチボールやサッカーの練習をしていることもみかけました。

砂地エリアは、しっかり運動したい方たちの利用もあるので、犬との散歩は鶴見川河川敷への出入り口付近にある、土の土地周辺の方が気にせず利用できると思います。

この公園は、交通量の多い道路から少し離れていますので、とっても静かです。

大きな音が苦手なワンちゃんの、お散歩練習として利用してみるのもいいと思います!

アクセス

神奈川県横浜市鶴見区矢向1-2

東京電力経営技術戦略研究所

東京電力経営技術戦略研究所の周囲は、植物が豊富で歩道が広めなので犬の散歩にピッタリです!

ただ、これまでご紹介した散歩コースとは違って
・歩道の隣にすぐ車道がある
・道幅は場所によってバラつきがある

という点があります。

車が近いと怖がるワンちゃんは、他の道と比較すると広くて車の通りも少ない新鶴見小学校方面の道から利用してみるといいと思います。

また、我が家のチワワの様な超小型犬の場合は、東京電力経営技術戦略研究所の周囲を
一周は広すぎて出来ません。

そんな我が家のチワワと同じく、一部の散歩だけで十分だよ!
というワンチャンは東電研究所前(バス停)の通りがオススメです。

この通りは歩道が二重になっていて

特に植物の量が多く、自然を感じたいワンチャンは楽しそう

に思いました。

ここもお散歩コースとして利用しているワンチャンは多めだと思います。

アクセス

神奈川県横浜市鶴見区江ケ崎町4-1

 

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したエリアは、新しいマンションが次々と建設されている傾向にありますので
新たに引っ越してきた方の参考になったら嬉しいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました