ナチュリエ ハトムギ化粧水【限定 ムーミンデザイン】発売日等

美容(コスメ以外)
スポンサーリンク

みんな大好き「ナチュリエ ハトムギ化粧水・保湿ジェル」。

2/6~随時、限定のムーミンデザインが登場となります。

ムーミンファミリーがお花畑で過ごす、ほのぼのとしたイラストで春の気分にさせてくれますよ♡

スポンサーリンク

ナチュリエ ハトムギ化粧水・保湿ジェル 限定ムーミンデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

美的(@bitekicom)がシェアした投稿

キャラクターコラボは「今回が初めて」なのだそう!

抗炎症作用のあるハトムギは、これからの季節の変わり目に、肌荒れ対策としてハトムギ化粧水が恋しくなる時期ですね。

ナチュリエ ハトムギ化粧水は、みずみずしく浸透力に優れた処方なので、重ねるほどぐんぐん肌になじんでくれる化粧水。

だけど、たっぷり肌に重ねづけしてもべたつかない、さっぱりした使用感…そして気にせずバシャバシャ使えるコスパの良さが大人気ですよね!

ナチュリエ ハトムギ化粧水 500ml 限定ムーミンデザイン 
メーカー希望小売価格:650円(税抜)
発売日:2020/2/6から随時
ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル 180g 限定ムーミンデザイン 
メーカー希望小売価格:900円(税抜)
発売日:2020/2/6から随時

ナチュリエ ハトムギ化粧水 使い方バリエーション

みなさん、お気に入りの使用方法があると思いますが、今回は改めて、どんな使い方で活躍してくれるアイテムかご紹介していきたいと思います。

ハトムギ化粧水は

無香料、、無着色、低刺激性、オイルフリー、界面活性剤フリーの安心処方!

1.基本は化粧水として

スキンケアのはじめにたっぷり使ってください。

500円玉大の量のハトムギ化粧水を3回重ねづけするのが目安です。

肌がひんやりしてきたら十分に水分がなじんだサインです!

2.ローションパックでさらにうるおいを

コットンやフェイスマスクにハトムギ化粧水をたっぷり含ませて約3分間パックすると、角質水分量がさらに高まります。

3.プレ化粧水として

洗顔後すぐにつけることで、その後につけるスキンケアのなじみをよくします。

※角質層まで

4.ボディにも

べたつかないので、毎日の入浴後や日差しを浴びた後などのボディのスキンケアにもおすすめです。

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル 使い方バリエーション

肌表面に「水の保護膜」を形成してくれる、ハトムギ保湿ジェル。

継続的に角質層に水分を送りこみ、うるおいに満ちた肌が続きます。

ジェルを肌にのせると液状に変化。油分を抑えたみずみずしい使用感で、べたつきが気になりません!

ハトムギ保湿ジェルも、無香料、無着色、低刺激性、アルコールフリー、ノンコメドジェニックテスト済の安心処方!

1.基本は化粧水の後に美容液として

化粧水の後にたっぷり使ってください。500円玉大の量を2回重ねづけするのが目安です。

その後、お好みで乳液やクリームを重ねてください。

2.乳液やクリームのべたつきが気になるときに

水の保護膜でうるおいをキープし、べたつきません。

3.メイク前の保湿ケアに

油分の多いスキンケア品を使うとメイクがくずれやすいときは、メイク前の保湿ケアとしてもお使いいただけます。

油分に頼らず肌のうるおいを守り、ヨレやくずれを防ぎます。

4.お風呂上がりの「とりあえず保湿」に

ゆっくりスキンケアができないときは、素肌に直接なじませて乾燥から肌を守ります。

後から行うスキンケアの浸透※を妨げません。

※角質層まで

5.ジェルパックでさらにうるおい

特に乾燥が気になるときは、500円玉大3枚程度の量のジェルを顔全体にのせて約5分間経ってから、肌になじませてください。

6.おやすみ前の「重ねづけ保湿」に

500円玉大の量のジェルをもう一度なじませることで、睡眠中の乾燥を防ぎます。

7.ボディにも

べたつかないので、毎日の入浴後や日差しを浴びた後などのボディのスキンケアにもおすすめです。

まとめ

ナチュリエ ハトムギ化粧水といえば、ニベアクリームと合わせての使い方がSNSで話題ですよね。
私は、ツヤ肌を作るために、メイク前のローションパックとして愛用させていただいていましたが、ハトムギ保湿ジェルはノーチェックでした(汗)。
これから、高温多湿の季節になると、肌のインナードライが気になりますから、夜はジェルパック使いもいいですね!
タイトルとURLをコピーしました